イビサクリームの塗り方を確認しておこう!

イビサクリームの基本的な塗り方は、1日2回、朝と夜に1円玉程度の大きさにクリームを出して、黒ずみが気になる部分に塗り込めばオッケーです。

 

 

クリームを出した後は、きっちりと蓋を閉めるようにしましょう。蓋を開けっ放しにしてしまうとクリームの成分が酸化してしまい、塗った時に十分な効果が発揮できない場合があります。

 

 

イビサクリームを使い始めたばかりで、まだ黒ずみが気になる時には、効果的な塗り方がありますので紹介させていただきます。

 

それはじっくりとクリームの成分が浸透するように塗り込むということです。軽くさっと塗って終わるのではなく、自分の手の体温でイビサクリームを温めながら黒ずみが気になる部分に浸透させるよう塗るのです。

 

結局、クリームの成分が肌の奥まで届かないと、黒ずみに対して十分に効果を発揮しません。毎日丁寧に塗り込むことで、美白成分が浸透し、メラニンを元から絶ち、気になる黒ずみが解消されていくのです。

 

また、イビサクリームを塗る際に必要以上に多くのクリームを塗り込んでも無駄になってしまいます。逆にベタつきが残る事によって、痒みの原因や肌荒れの原因になってしまう可能性もあります。

 

イビサクリームを使う時は公式ページにも記載されているように、1円玉程度の大きさのクリームを出して塗り込めば十分です。

 

ただ、もう少しクリームを多めに塗りたいと思う場合には、塗る回数を増やしてみるという方法があります。1回に多くのクリームを塗ろうとするのではなく、数回に分けて、イビサクリームを塗り込むのです。

 

丁寧にクリームを塗ることによって黒ずみが解消されていきます。慌てず焦らずじっくりと黒ずみを解消していきましょう。